そば処 鴻巣宿 阿部について

その日食べる蕎麦はその日のうちに打っています。
お昼のご注文は14時まで17時半から夜の営業になります。
機械打ちではなく、手打ちにこだわって蕎麦を打ってます。

更科蕎麦は湯を用いて打つ“湯ねり”という手法を用いています。
“きくもみ”で空気を抜いてきます。
「鴻巣宿 阿部}の蕎麦は、そといち。(蕎麦粉10に対して、つなぎ1で打った蕎麦)
蕎麦は当日使う分だけを石臼で挽きます。

蕎麦へのへのこだわり

蕎麦粉は国産の良質なそば粉を日替わりでお客様にご提供いたしております。
○北海道音烕子府村産
○福井県堺市産丸丘在来
○茨城県筑波常陸秋そば
○山形県大蔵村産

そば露
そばが本来持っている甘みを引き立たせるように、甘み抑え後味の爽やかなそば露に仕立てました。

だし汁
料亭の吸物に使う血合い抜きの本節に北海道産の良質な昆布を使い、上品なかつおだしをとっています。

山葵
空気、水の綺麗な岩手県岩手山八幡平の麗滝沢村産を使用しています。

 

季節の食材について

0014

今は鴨鍋のコースとふぐコースがあります。

 

ゆっくりくつろげる空間提供

0009

ゆとりのある店内スペースでは、皆様にくつろいで頂きながら当店の蕎麦を召し上がって頂ける空間を提供させて頂いています。